弁護士による無料相談実施中

多重債務問題を解決する際に、知っておくべき債務整理という手段任意整理、自己破産、個人再生弁護士による無料相談実施中 03-3265-4981(受付)


個人再生について
個人再生のデメリット

個人再生のデメリット

債務整理をして、仮に借金が残っていると、信用情報登録機関に債務整理情報が登録されます。その結果、約5年間は、新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組むことは困難になります。

個人再生手続きの場合には、
裁判所を介する必要がでてくる点があげられます。

しかし

債務整理せずに借金の返済が滞っても、信用情報には登録されますので、債務整理をしたためのデメリットとはいえません。また、債務整理をしなくても、多重債務状態に陥っている場合には、新規にローンを組むことは困難と考えられます。

また、新たに借金ができなくなることは、生活を立て直していくためには、むしろ有益であるといえ、一概にデメリットとはいえません。

無料相談の申込方法

無料相談の申込みはコチラ

ページの先頭へ

Copyright (C) 2014 個人再生の法律相談. All Rights Reserved.