弁護士による無料相談実施中

多重債務問題を解決する際に、知っておくべき債務整理という手段任意整理、自己破産、個人再生弁護士による無料相談実施中 03-3265-4981(受付)


自己破産について
自己破産のデメリット

自己破産のデメリット

自己破産を申請すると用情報登録機関(ブラックリスト)に登録され、約5年~7年間借金することができなくなります。

しかし、多重債務であることは信用情報に記載されているので、自己破産を戸惑って現状のままでいても、新たな借入れをすることはできません。
自己破産により、借入金をゼロにして新たなスタートすることをお勧めします。
生活を立て直していくためには、「新たな借金ができない」ということは一概に悪いことではないのです。

自己破産の手続期間中に限り、「弁護士」「税理士」「警備員」「保険外交員」等の職に就けなくなります。

自己破産による資格制限は、免責許可の確定により復権しなくなります。
したがって、資格制限は限られた期間のみにすぎません。

しかし、「自己破産」という言葉のマイナスイメージから、
いろいろと誤解があり、躊躇している方が多くいます。

そこで、自己破産に対する誤解として代表的なものを列挙します。 自己破産することで家族に迷惑がかかることはありません 自己破産したことが会社に知られる可能性は低いです 自己破産しても近所に知られることはありません 自己破産しても会社を解雇になることはありません 自己破産しても戸籍・住民票に記載されることはありません 自己破産しても賃貸マンション等から追い出されることはありません 自己破産しても生活必需品を持っていかれることはありません 自己破産しても年金・失業保険は受け取れます

無料相談の申込方法

無料相談の申込みはコチラ

ページの先頭へ

Copyright (C) 2014 自己破産の法律相談. All Rights Reserved.